almost unreal

BLOG

記事一覧

Christmas wreath workshop @ Atelier Nako

あっという間に2月スタートですが、昨年末の話にさかのぼります。

クリスマスの少し前、青山にアトリエを持つ、atelier nako で出張クリスマスリースワークショップを開催させていただきました。

スウェーデン製の大型織機を使った本格的な手織り教室のこちら。主宰者のnakoさんは学生時代からの友人で、秋に彼女が英国を訪ねてくれた時に話が進みました。

今回は、『カード織』と呼ばれるシンプルなカードを使って作り上げられる、温かみのあるウールのリボンを7種類のエバーグリーンを使ったリースと共に飾ります。

 

 

こちらが完成品。

リボンはブルーかレッド、生徒さんがお好みを選びます。

 

 

 

細い糸を丁寧に時間をかけてリボンに仕上げていく姿は、花の作業と似ているところも多く感じました。

四つの穴がある厚紙数枚(デザインによって何十枚にもなるそうです)をくるくる回しながら作るのですが、回し方を間違えたら、またそこからやり直ししたり、回転する際の圧のかけ方で仕上がりに差がでたり、シンプルな工程ながら、作品としての仕上がりには個性が出ていました。リースやブーケも同じです、作業は単純なのですが、その手法を間違うとやり直すこと、また一人一人の作品は同じものにならないこと、これは『手作り』ならではのことと改めて思いました。

 

リースはリボンの太さに合わせて直径20センチとやや小ぶりのもの。7種類のグリーンは小さくきって、ワイヤーで巻きつけるのですが、小さいリースな分、グリーンを切るとき、巻いていくときにに均等にすることが重要で仕上がりに差がでます。

今回は先にリースを作成して、そのあとにカード織作業に入ったのですが、エバーグリーンの香りがいっぱいのお教室内で静かな手作業の時間が流れました。

 

最後に作品を仕上げて、お茶タイム。

ワークショップの感想を伺えてお話がはずみました。

 

 

ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

日本で穏やかなお正月を迎えております。

上の写真はなめあし自身のお正月のしつらえの一つ、赤い南天の実に可愛い小さな置物を。この南天の実、お客様へのオーダー分で使った南天の実がバケツの中にたっぷり残ってそれを集めてみました。実の赤は日本らしいお正月にふさわしい華やかな赤色です。

 

こちらはお正月のオルモストアンリアルのシグネチャーアレンジ。オーダーをいただき作った横からどんどんと旅立っていきました。

 

2018年も皆様に愛されるお花を作っていきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

クリスマスワークショップ 

二日間にわたり開催したクリスマスワークショップ終了いたしました、ご参加の皆様どうもありがとうございました。

 

毎年リースのワークショップですが、今年は『クリスマススワッグ』を作りました。スワッグとは『壁にかける花綱』の意味。ヨーロッパではドアリースと共にクリスマスのデコレーションとして人気があります。

最初に今年はこんな風にしようとサンプルを作ったのは10月のロンドンで。その後あれもしたい、これもしたいと試行錯誤。夜も素敵に輝くように、ガラスのオーナメントならではの美しさがでるように、ライトをつけることに、これもロンドンから持ち帰りました。

 

ヒバ、ヒムロスギ、コニファー、モミ、ユーカリ、ヒノキ、ヤシャと7種類の葉・枝ものとユーカリの実とエリンジウムを使ったシンプルながらも贅沢なクリスマススワッグを作ります。

 

出来上がった土台のスワッグにオーナメントをデコレーション。オーナメントは5種類、このたまご型のオーナメントをメインに揃えたのですが、すべてガラス製、繊細で華奢でした!5種類は1個ずつ色々な場所でみつけたのですが、その中の一つはアンティークのクリスタルのガラスのオーナメント。店主から「なんて贅沢なスワッグなの」と言われたほどでした。

念には念をで何重にも梱包をして飛行機に乗り、飛行機の荷物受け取りのベルトコンベアーに無事に荷物が出てきたときに、家で荷ほどきして全てのオーナメントが割れていなかったとき、本当にうれしかったです。

 

冬の香りいっぱいの室内で、おしゃべりがはずむときがあったり、静かに手だけが動くときがあったり、あっという間に時間が過ぎ、そして作品ができあがります。

 

サイズが決まってしまうリースと違ってスワッグはご自分の好みで大きさ、長さ、シェイプやサイズを変更できるのも特徴の一つ。今回は飾る場所を意識してからの作成です。

 

 

ご自分の作品をプレゼントされる方もいらっしゃいました。オンリーワンの素敵なプレゼントですね。

 

日中はもちろんですが、日が少しづつかげるころから夜にライトアップされたスワッグも素敵です。

 

皆様に喜んでいただけて、持ち帰ってよかったと、ほっと一安心です。そして来年も既にアイディアが頭にあります、お越しの方にはお話しましたが打って変わっての元気な楽しいリースになります、どうぞご期待ください。

 

Christmas wreath for Paula’s pub

11月に入ると土日もなくなり、早朝だけでなく、クリスマスデコレーションの搬入で夜(徹夜)の日もあったり毎日があっという間に過ぎました、大きなコントラク先のクリスマスデコレーションが少しめどがつくタイミングでナメあしは日本に帰国となります。

この日は日曜日の休みだったはずが、朝はイベント先へ。そのままスタジオに戻り、リースとガーランド作りです。

 

まずはワイヤリング。オーナメントとしてつけるフルーツそれぞれにワイヤーをかけます。地味な作業ですが、しっかりまかないとあとあと意味がなくなります。

 

この日は2メートル弱のガーランド1本。最近ずっとホテル用にひたすら一週間ガーランドを作ったりの毎日だったので1本となると終わりがみえます、うれしい。

 

これはPaulaが始めている郊外のパブ用のもの。サイズ以外はお任せとのこと、リースの大きさは直径70センチです。パブはカントリーサイドなのでナチュラルな仕上がりをイメージし市場で色々仕入れました。

まずは、モミの上にはたっぷりの枝をはわせます。それからデコレーション。ちなみに松ぼっくりはポーラが大量に拾ってあるとのことで自分であとでつけるから、とのこと。これに松ぼっくりが付くと仮定してご覧ください。

リースは2個と言われているので多分ドアの内側と外側にかけるのだと想像しています。

それぞれをリボンで通して、ドアの内と外にかける手法、リースの裏側が見えてしまうガラス張りのドアによく見受けられます。

 

ガーランドもこんな感じに仕上がりました。

 

お嫁入り前にスタジオのドアにかけました。

あといくつリース作りがあるかな!です。

最近ロンドンでもアーティフィシャルのリースを飾るお家が増えてきました、無駄やお値段を考えると仕方がないかな、とも思いますが、日本のお正月飾りと一緒、その年が無事に済むことや次の年へのそれぞれの思いや願いを考えると毎年準備したいものです。

クリスマス・ワークショップ、空き状況(11月22日現在)

【11月22日現在】

クリスマス・ワークショップ、12月8日(金)、表参道、19時からの回は定員となりました。

その他の回にはまだ空きがございますので、受講ご希望の方は8日(金)表参道14時から、もしくは9日(土)豊洲14時から、のどちらかででよろしくお願いいたします。

オルモストアンリアル

クリスマス・ワークショップ 2017

先行でインスタでも告知いたしましたが、今年も恒例のクリスマスワーク・ショップを開催いたします!

今回はリースと共に伝統的なクリスマスの飾り「スワッグ」を作ります。スワッグとは、壁にかけて楽しむ花や葉で作る飾りの手法です。初回ということもあって、伝統的な作り方を忠実にご紹介します。

モミやヒバなど市場に並ぶ冬のフォリッジ(葉もの)を使って香りいっぱいのベースを作り、仕上げには英国より持ち帰るガラス製のアンティーク調のクリスマスオーナメントを飾ります。日本で出回るプラスティック製とは異なる繊細で温かみのあるオーナメントです。数種類のガラスオーナメントを飾る予定ですが、メインになるたまご型のオーナメントはここ数年ずっと探していて、ようやく巡り合いました。

サンプルを作成しましたが、まだまだアイディアがあってこれよりも更に良い感じになる見込み。シックな中に華やかなクリスマススワッグに仕上げます。

日時と場所
12月8日(金) 渋谷区表参道 14:00〜, 19:00〜
12月9日(土) 江東区豊洲 14:00〜

受講料
13,000円(税込み)

(詳細はご参加の方に別途ご連絡させて頂きます。)

皆様どうぞお楽しみに!

オルモストアンリアル

Golden Wedding Anniversary!

Paula Pryle Flowers のオーナーであるポーラが住んでいるSuffolkでの仕事が続いているこの日は、Golden Wedding Anniversary(金婚式)のパーティーの装飾。テーマカラーでもある「ゴールド」に合わせえて前日に花を仕入れ、作成したものをもって早朝でかけて、会場で追加の花を加えます。

快晴のこの日、会場はChippenham Park 内のMarquee(テント)内で200名以上のゲストと大きな華やかなお祝いです。(※この公園はパブリックに公開されている日が限られていますので行かれる方はWEBを要チェックでお願いします)

黄色のバラとピンクッションをメインに、秋色アジサイや実ものを使って華やかに。

市場で仕入れた赤いりんごは、ゴールドのスプレーをかけました。雨の中のスプレーは数も多かったのでくじけそうになりましたが、こうやって置くとかわいい!

 

秋は実ものが充実しています、最後の仕上げに穂をいれてできる限りナチュラルな仕上がりに、テントの外から見える景色に調和させます。

 

 

ほぼ設置が完成したころに、ケーキが到着、まだ学生さんだという女の子がご両親に付き添われて搬入です、こちらまで緊張。

この二匹の犬は、本日の主役の愛犬たち。写真をもらって、丁寧に仕上げたそうです。ちなみにケーキはキャロットケーキ。素朴な感じ、ごてごてしぎすない感じすべてが金婚式にふさわしく感じます。

 

食事担当のケータリング会社の方とは何度か仕事をしています。こちらの責任者のセーラはサービングの際にお花を上手にあしらいます。この日はこちらからもいくつかお花を渡しましたが、彼女も庭のお花を摘んできたそう。

 

ナメあしとポーラで見学をさせてもらった際にはまだフィンガーフードは並んでいませんでしたが、想像しただけでワクワクします。

 

前日の仕入れ、作成、長いドライブ、搬入と一人での作業でバタバタとしましたが、仕事が終わればポーラとのんびりと散策です。ここはなんと「スノードロップ」で有名な公園だそうです、きゃーーーー、スノードロッパー(自称)としては必ず戻ってまいります。

Garden Wisley Flower Show

お気に入りの Garden Wisley のフラワーショーに出かけてきました。仕事の関係で出向くこともあるこちらですが、そういう時は歩く時間もありません。今日はゆっくりと過ごしたくて日曜日の朝一番、ロンドンから1時間強のドライブです。

施設に入るとやっぱりすぐに足を止めてしまいます。

 

少し奥に進むとフラワーショーらしい感じです。

RHS(英国王立園芸協会)が所有・運営するウィズリーガーデン、100年以上の歴史があります。フラワーショーの規模は残念ながら大規模なものではないのですが、秋の花が美しい9月は、5月末のチェルシーフラワーショー時期のバラやクレマチスがメインに並ぶショーと違ったお楽しみがあります。

 

 

 

 

Maarquee(テント)の中は、ダリアでいっぱいです。

 

こんな可愛い華奢なダリアをみつけました。

 

こちらはタイムテーブルがあり、テントの中でイベントが開催されています。通ったときは誰もいなかったのですが、この藁のいす、素敵素敵。

 

でもそんな横で2号は言うのです、「ぬれているよ」と。ガーデンショーに来る方はガーデン好き、多少のぬれちゃうのは当たり前の方が多い、寛大なはずです?!

 

 

あちこちにシクラメン!

 

グラデーションの美しさにはっとしました。

 

花の名前は「Mina Lobata」、初めて知りました。

咲き始めが濃い赤色ですが時間の経過とともにオレンジ色を経て黄色になるそうです。

 

こちらは「Verbena bonariensis」(ヤナギハナガサ)、英国ではこの時期よく見かけます、市場に並ぶ花というよりかは野の花、ピンク&パープルの色は独特で背の高さもあり最近何度か活け込みの際に使用しました。

 

こちらはGarden Wisleyの名物でもある、Mix Border Garden。英国のガーデンの中で特徴的なボーダーガーデン。道路や建物、塀やフェンスに沿った帯状の細長い花壇のことをいうのですが、手前から奥にだんだんと背が高くなっていくのが特徴です。季節や色彩を考えながら、1年中つぎつぎとお花が咲くように組み合わせをするそうです。

秋の美しい花や実ものや帆、彩り華やかとシックさが上手にあいまって、曇り空、少し冷たい風にぴったりです。ちょっ手入れが行き届いていないようにみえるけれどしっかり計算、手入れされている、これがナメあしが思うイングリッシュガーデンです。

 

広大な敷地のこのガーデン。入り口には貸し出し用カートが用意されています。ご老人や体の不自由な方への配慮はさすが、です。

RHSのメンバーなので、今年は季節ごとに通ってみたいと思っています。

Big Congratulations!

またまた日本滞在中の話です。プロの写真家さんのお写真をお借りしてのブログです。

ナメあしのいとこにあたるあやちゃんの結婚式は新緑の美しい軽井沢で行われました。打ち合わせは2度あったのですが、希望は色とバラメインで、あとはお任せとのこと。このお任せは簡単なようで責任も重大です、妹のような存在の彼女の好みを考えながら、どんな感じが喜んでもらえるかなと思うと同時に東京から数時間かけてのドライブも考慮しなければなりません。前日ギリギリに仕入れたものを東京で作り、深夜に積み込んで仮眠、最後の仕上げをして早朝軽井沢へ向かいます。

朝の6時前、高速を降りてからの緑豊かな旧道は途中すっぽり霧に包まれましたが、ホテル鹿島の森に到着のころにはしっかりと太陽が見えました。

 

こちらのブーケは4種類のバラを使用しています、自然の中での結婚式に合わせてナチュラルな仕上がりに。ガーデンローズとジャスミンで香りもたっぷりです、緊張のあやちゃんが少しでもなごみますように。

 

挙式後のお食事会は長い長いテーブル。ピンクでまとめたこの季節ならではのシャクヤクとバラをたっぷり使います。大小のキャンドルがゆっくりと揺れるさまが印象的でした。

 

 

 

 

こちらのピンクもとても似合っていました。このクラウン(冠)は朝一番ドレス姿のあやちゃんを見て思いついて、現地で一から作りました。

 

 

涙あり笑いあり、二人の人柄があふれでる結婚式でした。

あやちゃん&ブルース、どうぞ末永くお幸せに。

出張ワークショップ P邸

6月日本滞在中の出張ワークショップのお話。場所は青山のP邸。今回の主催者になりますPさんの素敵なお家の中でご友人たちとの集いにお邪魔しました。Pさんのお家はどこを切り取っても美しく、うっとりです。

お客様がいらっしゃる前にPさんと共に準備中。ナメあしが朝に市場に行き仕入れましたが、この季節ならではのジニアがあまりにきれいだったのでお部屋に飾ります。ウエルカムフラワーです。

こちらはPさんが用意してくださっていたウエルカムドリンク。お客様慣れされているホストの心配りを感じます。

 

今回はURN(壺やかめ)と呼ばれるアンティーク調の花器を使います。装飾的で重厚感があり、フォーマルな場にふさわしく、ウエディングやパーティーにと利用する機会が多いのですが、ご家庭などでも普段使いに一種類のお花を飾っても今はやりの多肉植物など鉢植えを入れても様になる重宝する花器です。

グリーンは、ブルーベリー、姫水木、ワックスフラワー。ブルーベリーは実も付いていてほどよいエッセンスになります。

 

花材は、シャクヤクをメインに。ブルー&パープル系でまとめます。アザミやニゲラ、テッセンなど、花の中でも個性的な表情を見せる花を使用し、動きのある自然な仕上がりを目指します。

みなさんが作られた作品を飾って、ランチの準備です。

 

上の写真と比べてください。テーブルのお花はやはりセッティングやお料理で更にアップします、お花はあくまでも脇役です。そして同じ花材、花器で作っても仕上がりは色々です。みなさんで感想を話しつつ、そしてご友人同士、話題は絶えません。

このキャンドルでいかに会が楽しく長く続いたかおわかりいただけますでしょうか。

ご参加の皆様、ご尽力いただきました、ホストのPさん、サポートしてくださったSさん、ありがとうございました。