almost unreal

BLOG

記事一覧

Snowdrops 2019 @

自称スノードロッパーのナメあし、2月の週末計画を立てます。

今年の冬は昨年に比べれば暖かい、感を信じて例年のバレンタイン後に行くスノードロップ狩りをバレンタイン前の週末に、ロンドンから車で行きやすい Welford Park にでかけました。その日はうっすら曇り、やや雨が降っていて「まさに」スノードロップ日和。

 

この日は思ったよりも寒かった、2号はもこもこの帽子をかぶって、いざ森へ向かいます。

 

 

 

 

山ごけの緑が茶色の土や木の中で美しく引き立っています。

ガーデン雑誌に冬のガーデンを楽しんでこそ、本当のガーデン好きと呼ぶと書いてありました。以前は花も咲いていない枯れ木でいっぱいのガーデンの楽しさは全く理解できなかったのですが、ここ数年でようやく冬のガーデンの楽しみ方がわかり始めました。

枯れた花跡をみると、秋にきっと美しい花を咲かせていたのかな、とか。小さな芽がでていると、あ、ここにもうすぐこの花が咲くのだな、木々の幹で少しづつ、これは何の木ともわかるようになりました。

 

 

スノードロップの群生の近くにはきれいな小川が必ず流れています。

 

可憐にがんばっているスノードロップをたどっていくと。

 

この美しさです。

 

このナメあしの帽子はガーデンにはそぐわないカラフルさです…。

 

このシンプルな自然に溶け込んでいる小屋、軽く雨が降ったので雨宿りです。

 

川に入っちゃった子供たちと犬。ご両親は帰りの車が大変だとあきれ顔でした。

 

沢山のスノードロップパワーをもらいました。