almost unreal

BLOG

記事一覧

英国3度目のロックダウン Week 48 3/5~11

ロックダウン48週目。

春らしい日が増えてきたのですが、まだまだ朝は寒い日も多く、この日は霧深い朝でした。急いで家にある花を束ねて、近所のReget’s Park(リージェントパーク)へ出かけます。

 

 

 

 

枝ものの白い花は、Prunus glandulosa(ニワサクラ)。前回のブログに書きましたが、桜と呼んでよいのかな、と悩む花がこの時期沢山出回ります。例年仕入れる際に都度都度「この枝の名前は?」と市場の馴染みのお兄さんに確認するのですが、今はロックダウン中で目で確認しながら仕入れることができないのが残念…。

 

 

ロックダウンで新しい発見は家でクロワッサンを焼くこと、あ、もちろんお手製ではないです(笑)。スーパーWaitroseの冷凍食品です。買い始めたころは、まさにロックダウン初期、スーパーの棚から物がなくなり、パン、そしてとうとう小麦粉も品切れだったころです。常備食的に冷凍庫に入れています、食べたいときにオーブンで。焼きたては本当に美味しい!

 

 

土曜出勤、一人でブーケを作る仕事。(いつものあのブティックからのオーダーです)

3月8日は International  Women’s Day (国際女性デー)に関連したオーダー。まだ日本では馴染みがない言葉かもしれませんが、こちらでは年々浸透しています。女性が女性らしく輝けることを祈る日、お祝いする日です。

 

 

 

日本で春の色といえば、桜からの優しい淡いピンク。英国で春の色と言えば、イエロー。ラッパ水仙があちこちで咲き、ミモザの木にふっさふさの花が咲きます。このミモザと桜の木が重なる色合いはナメあしの中での春の色です。

 

 

スタジオに着くといつもの友人がご飯頂戴と甘えてきます。ナメあし、犬好きなのですが、このロックダウンですっかり友人となった、「ぼんさい」。他のオフィスが閉まっている分、今ご飯をいただける場所は少ないのでしょう、可愛いくすり寄ってきます。その可愛さに負けて、キャットフードを人生初買いました。

 

 

まずはサンプルを作って、作業開始です。

 

ちゃんとお水も用意しているのに、トニーはなぜかこの水を飲みたがります…。

 

 

可愛いピンクブーケの完成です。

 

しばらくすると、次の仕事に必要なお菓子をもって、オーナーPaulaが到着です。

ナメあしが好きな ベーカリーショップ Konditor とポーラの母の日のコラボが決まり、急きょ簡単な撮影をすることになりました。ロックダウン中なので、少人数、外撮影、花の仕入れも限りがあるなど制約だらけですが、何とか無事に終わりました。

 

 

上のブーケの中の存在感たっぷりのこのバラの名前はWestminster Abbey(ウエストミンスター寺院)。「スタジオからすぐだし、ちょっと撮影しに行こう」と、ウエストミンスターまで出かけに行きました。

 

本来土曜の夕方なので、観光客でいっぱいのこちらもロックダウン中でガラガラ。会社のバンとポーラの車も簡単に駐車できるほどでした。

後ろのアビーの外装、見えにくいと思いますがモザイク状になっていて、その色の一部がこのバラの色が似ているね、とそんな話をしました。ちなみにポーラの横のゴールドの郵便ポストとても珍しいです。通常は言わずと知れた赤なのですが、2012年のロンドンオリンピックの際に、同国の選手が金メダルを獲得するごとにその選手の出身地のポストをゴールドに塗り替えました。

このウエストミンスター寺院の前のポストは特別にゴールドになりました。

 

 

 

 

 

ケーキはかなり日が経っているので食べれなかったのですが、その代わりにお菓子とコーヒーを買ってきてくれました。長いお付き合い、ナメあしのお菓子好きをよくご存じです!!

2021年4月 壁紙画像

春ですね! 皆様お元気でしょうか?

英国の春を象徴する花はラッパ水仙とミモザなので、英国人がイメージする春の色は黄色です。

そんな中、街ではあちこちでアーモンドや桃のピンクの花が満開で、黄色とピンクの美しい共演がそこかしこで見られます。

4月のフラワー壁紙は、そんな共演をインスピレーションに、ミモザ、ラナンキュラス、ヒヤシンスの黄色組とニュアンスが可愛らしいピンクのチューリップを合わせてみました。

壁紙、お使い頂けると嬉しいです。

Enjoy the season!

 

オルモストアンリアル

英国3度目のロックダウン Week 47 2/26~3/4

ロックダウン中のロンドンです。今年は時間に余裕があるので、早めにお雛様を飾りました。

 

 

お雛様のカードと共に日本の友人から送っていただいたお菓子、虎屋さんまた新しいフレーバー発売なのですね!

 

 

 

ちょうどひな祭りの頃、桃が満開に。

 

 

これからの季節、一体この花は? 桜なの?桃なの?との悩むことが多々ありますが、最近はアプリのおかげで確認しやすくなりました。

 

 

ほぼ同じタイミングで日本の実家から荷物が到着。今回は2号(夫)の五十肩に合わせての薬メインのラインナップ。

ロンドンにきてからずっと、薬は日本産です。ナメあし家、相当の常備薬があります。今の季節はくしゃみと共に起床する感じ、花粉症今年も大変です。

 

 

薬と言えばですが、コロナワクチン接種がどんどん進んでいます、街中でもこんなサインがあちこちに。ロックダウン中に少し人がいるなぁ。と思う場所は大体その接種会場です。

 

仕事日、Graffiti Art (落書きアート)がいつも楽しいロンドンのイーストサイドのShoreditch(ショーディッチ)へ、いくつかのブーケをもって撮影に出かけました。

 

 

 

 

ブーケがまた違う表情になります。

ロックダウン中で仕事は少ないのですが今でしかできないことを少しずつ取り組んでいます。

 

夕日のころの自宅近くのAlmond Blossom (アーモンド)の満開のさま。桃よりも桜よりも早い開花です、春がやってくる、そんな気持ちになる木です。

 

英国3度目のロックダウン Week 46 2/19~25

3度目のロックダウン中のロンドンです、本来このロックダウンは2月15日に終わる予定でしたが、延長になりました。22日ボリス首相より、段階的なロックダウン緩和の方針が発表されました。

 

〈3月8日より〉
すべての学校や大学などの教育機関、放課後のスポーツやアクティビティなどを再開。また公園など公共の野外で2人までならばベンチに座ったりピクニックなどしてもいい。
〈3月29日より〉
個人宅の庭も含め、野外であれば6名または2世帯までの複数人が集まってもよい。テニスやバスケットボールなどの野外競技スペースも再開可能。
〈4月12日より〉
生活必需品でないものを扱う店(服飾品など)、理髪店や美容院、図書館・美術館などの公共室内施設の再開。カフェやパブの野外席、動物園、野外テーマパーク、室内水泳プール、室内フィットネスジム、セルフケータリングの宿泊所も再開可。
なお海外渡航に関する規制の見直しについては、この4月12日頃をメドにまたあらためて詳細を公表するそうです。
そして5月17日には、その時点でのコロナウイルス感染状況を鑑みつつではあるものの、2世帯の人々が室内で集まることや、パブ、映画館、ホテル、1000人以上収容できる野外競技場などの再開も予定されています。

 

読んでみるとわかるのですが、ナメあしの通常生活はまだロックダウンと同じ生活が続きます。仕事も外に自由にでかけるのも、4月12日までは大きな変化はありません。緩和の発表は嬉しいというよりは、まだこの生活が続くのかという落胆の気持ちの方が強く、珍しく寝込みました…。

 

仕事的には12月クリスマス前以来、久しぶりに同僚と一緒に働きました。できる限り人と交わらないことがルールのため、基本一人、またはオーナーのポーラと二人での仕事がずっと続いていたのですが、今日はMartaと一緒、嬉しい出来事でした。

 

撮影を兼ねて、スタジオから歩いてすぐのテムズ川沿いへ。

後ろの大観覧車ロンドン・アイはもちろんクローズです。この辺りウエストミンスター寺院の近くはロンドンの観光地の中でも最も人気のあるエリアで平日でもいつもにぎわっているのですが、ロックダウン中は悲しくなるほど人がいません…。

 

 

今週は仕事日が多く、花々に触れる機会が多い一週間でした。

 

仕事もですが、外は春爛漫、ラッパ水仙にクロッカス、スノードロップと春の球根花が美しい季節です。

終わらないロックダウンではありますが、少し明るい兆しが見えてきました。12月8日に始まったワクチン接種は2月14日、1回目の接種を終えた住民が1,500万人を突破。2月15日までに70歳以上の90%以上が接種を終えたそうです。

 

 一番最初の写真からブーケになりました、の完成品です。

英国3度目のロックダウン Week 45 2/12~18

先週降った雪が少しだけ残っているロンドン、とても寒いです。例年、この寒さの中でフローリストにとって一年で一番忙しい日のバレンタインデーを迎えるのですが、今年はロックダウン中のため、イマイチ実感もなく、オーダーも残念ながら少ない…。

通常英国でのバレンタインデーは、男性が女性に愛や感謝を伝える日で、お花は根強く人気がありますが、今年はみなさん、それどころではないのでしょう…。

 

バレンタインの2日前、Waitrose(スーパー)のお花売り場はいつもより拡大されています、そして男性がお花を選んでます、活気があります!

 

 

今年はバレンタイン当日よりその前後でのお届けがいくつかありました。この日はBlackheath (ブラックヒース)へ、ロンドン中心地から南東に走ること30分程度、美しい街です。

池の水が少し凍っていて鳥たちがその上を歩いたり、泳いだり。日の光に照らされてあまりにも美しかったので、車を停めて写真を撮りました。

 

 

 

バレンタインデーはいくつかのお届けをしました。

今年のように静かなバレンタインデーはフローリストにとってはつらいものです。やっぱり忙しくってくたくたになる日であることが一番です。

 

毎年恒例のナメあしのバレンタインデーディナーはKFC(ケンタッキー)です、ここは変わらずにしました。

 

 

 

その後は、こちら。

前回のブログでご紹介した、ポーラからのプレゼント。彼女の住んでいるSuffolk産のチーズとシャンパーニュでお祝いです。

 

 

別日のお届け。英国の住所は時に可愛い!と思うものが多いのですが、『Honeypot!!!』まさになにそれ~くまのプーさんにでてきそうな通りの名前です。

 

 

この日はポーラと仕事の打ち合わせとブーケの引き渡しもかねて、ロンドンから2時間ドライブでChippenham Parkへ。コロナ禍で仕事の打ち合わせとはいえ、外で会うことが一番と判断し、公園内を歩きながら打ち合わせです。これは何より嬉しい場所でした。

 

 

この公園はスノードロップが有名です。ポーラはナメあしのスノードロップ好きを知っていてのオファーでした!

 

自称「スノードロッパー」、毎年どこに行くか綿密な計画を立てるのですが、今年はあきらめていたところだったので上がります!

 

 

 

珍しい品種、花托(かたく)が黄色です。

 

 

 

 

別日のシューティング。

 

 

ポーラのお嬢さんのAnneが本日のモデル。

さすがにフローリストの娘、撮られ慣れています。

英国3度目のロックダウン Week 44  2/5~11

気が付けば、2月に入っています。お天気予報も雪マークが連日続きました。

ロックダウン中だと、通常の活け込み仕事がないうえに、イレギュラーなオーダーばかりなので、日付や曜日の感覚がない状態です。もはや好きなテレビ番組とごみの日、週に一度のグローサリーショッピング日で曜日を把握しています。

 

マイナス7度の翌朝はおかげで、外に置いていたバケツの水がしっかり氷りました、ちょっとキレイ!

 

グレーのマフラー(画面上段左あたり)にはっきり雪の結晶。見えますでしょうか?

雪の日に限って、市場に行き、デリバリーしなければならず…雪は雨より気持ち的に上がるのですが、車の運転もあるので気を引き締めて。

 

そうそう、こんなCab(タクシー)を発見。車後ろの窓、右側の白い紙に、「NHS FREE」と。NHS(National Health Service)とは 国営医療事業のことで、NHSのスタッフはIDカードを見せれば、無料だという意味です!医療従事者には今もなお、感謝からこういうサービスがあちらこちらで見受けられます。

 

3度目のロックダウンのおかげで、確実に感染で亡くなられた方が減ってきました。

 

 

こちらは感染者数。ピーク時に比べれば確実にロックダウンの効果はでていますが、最初のロックダウンと比べてるとまだ減ったというほど減っていないという現実です。

三度目のロックダウンは2月15日に終わりになる予定でしたが、難しいのかな、と素人のナメあしでも想像できます。

 

花の話題に戻します。

 

個性的なブーケを作りました。

Paulaから山のように送られてくる花材を好きなように組み合わせたりして撮影をし、お嫁入りという生活を続けています。

アネモネとラナンキュラス、自宅にあったユーカリとワックスフラワーや枝ものを合わせました。

 

この日は、ポーラからプレゼントいただきました。2月14日の Valentine’s Day(バレンタインデー)その前日13日は、「Galentine’s Day(ガレンタインデー)」。女友達同士でちょっとしたプレゼントのやり取りをする日、日本でいう「友チョコ」のような感じです。この始まりはアメリカのようですが、少しずつ英国にもその波がきているようです。

大好きなチーズ屋さんにオーダーしてくれて、それをナメあしがコレクションしました。どんなプレゼントかは次のブログに載せますね。

 

これは別日の撮影。

花とマカロン合わせてだったので、Ladurée(ラデュレ)に出かけてマカロンを購入したのですが、ロックダウン中とあって、限られたフレーバーのみの販売でした。

もちろん撮影後はナメあしがいただきました!

 

シャンパーニュ色のハート型マカロンも可愛い、フランボワーズのフレーバーでした。こういう撮影はどんどんやりたいです。

 

 

 

2021年3月 壁紙画像

カレンダーでもご紹介しているこちらのブーケは昨年の3月下旬、最初のロックダウンが始まる直前に作りました。

ラナンキュラスをメインに、ムスカリ、ヒヤシンスなど春の花を束ねました。

ブルーの小花はForget-Me-Not(わすれな草)です。このブーケを撮影した頃を懐かしく思い出せるようにと思って入れたのですが、まだまだコロナ禍のままですね・・・。

英国も日が長くなってきて、いよいよ良い季節の始まりです!

壁紙、お使い頂けると嬉しいです。

 

オルモストアンリアル

英国3度目のロックダウン Week 43  1/29~2/4

3月23日にロックダウンがスタートして43週目。ミモザの季節です。

切り花では何度も仕入れていますが、近所の木々がこんな感じに黄色くなりだすと春がもう近いな、と感じます。

 

今週は、花市場に何度も出かけました。

花市場は現在「Click & Collect 」が導入されています。オンライン等より事前に予約をして、市場に到着するとお店に電話をし、所定の位置で待機する。入り口にはセキュリティーが立っていて、中には入れません…。もちろん理解できるのですが、生ものだけに目で確かめて購入したい、花市場のオンラインは基本、ベーシックのものしか掲載していないため、見極めが難しい、など色々ありますが、昨年3月の最初のロックダウン時の花市場クローズに比べればありがたいです。

 

 

こうしてお花を見るだけで、気分が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

Spotify(音楽ソフト 、スポティファイ)で音楽を聴いていると数曲おきに広告がでるのですが、車内のスクリーンに政府からのコロナ禍のメッセージ!

「STAY HOME → PROTECT NHS → SAVE LIVES」「家にいよう、NHS(国営の医療サービス)を守ろう、命を救おう」

 

 

悲しいニュースもありました。

以前のブログでも紹介しました、新型コロナウイルス対応に尽力する病院や医療従事者を支援するため、庭を歩くチャレンジに取り組んで約3300万ポンド(約47億円)の寄付を集め、「国民的英雄」となった英国の退役軍人Sir Tom Mooreが2日、新型コロナ感染症のため亡くなられました。

「キャプテン・トム」の愛称で親しまれた大尉への感謝と追悼はしばらく続き、3日午後6時に一斉に拍手が送られました。

 

家の外に出るとびっくりするほどきれいな夕日。

 

チューリップの季節。

そして花の仕事の日にはなぜか雨…という一週間でした。

 

2号の友人のイタリアンのお店から嬉しいテイクアウトのプレゼント。

英国はクリスマス前からレストランはテイクアウトのみの営業が許されているのですが、このようにしっかりとメインまでいただく、人様が作るごはんは久しぶりです、美味しいし、嬉しい~。

 

料理といえば、なのですが、このコロナ禍、世界中で沢山の料理家さんがZoom(オンライン)レッスンを開催しているので、せっかくならとタイの女性にタイ料理を習っています。バンコクタイムなので、ロンドンだと早朝になるのですが、フローリストあるあるの朝に強いため、楽しく受講しています。ただ、残念なのは出来上がりの味が確認できないこと…。近所にタイの食材を扱うお店をみつけたのと、今は時間もあるのでできる限り習ったものは作るようにしています、自己満足で美味しい、と食べていますが果たして正解のお味かは謎です。

 

花市場の帰りに、ちょうど日の出時間のため、車をとめて、プリムローズヒルの丘の上まで歩きます。

この時間は犬の散歩か、エクソサイズをする人で公園は割と混雑しています。歩くだけでもかなりの坂なのですが、ナメあしの横をどんどんランナーが追い越していきます。

 

朝日が見れました!

飼い主さんも素敵な写真撮りたいですよね、あずきがいればなぁ・・・。

 

英国3度目のロックダウン Week 42  1/22~28

42週目。(このカウント、長くなりすぎて、もはや必要もないのかもしれませんね…)

昨年を振り返ると、ちょうどこの週、日本冬の里帰りより英国に戻りました。既にこの頃、中国で流行っている新型ウィルス(まだ私自身コロナともCovidとも認識していませんでした)についてはニュースで知っている程度。春節を前に多くの中国からの観光客が来日し、日本にもそのウィルスが上陸するのではと心配もされていました、空港利用にやや不安を感じ、いつもなら羽田空港でゆっくりするのですが、おとなしくさっと搭乗したのを覚えています。

そして帰国後すぐに、例のダイヤモンド・プリンセス号での集団感染が英国でも大きくニュースで取り上げられました。真実の放送を掲げているはずであるBBCでもこのコロナに対しての知識が乏しかったのでしょう、どうしても日本政府の対応が悪いと非難の声が多く、武漢=中国人、そして日本人含めてのアジア人へ、差別的行為が多く、私自身も実際に嫌な思いをしました。ただその後すぐに、イタリア…そしてあっという間にヨーロッパに感染が広まり、それどころではなくなりました。

 

現在、仕事の方は活け込み先がクローズ中のため、動きが止まっています。ただ少ないのですが私がメインで働くpaulaのところにオーダーがあり、そうなると、仕入れをし制作、そのままお届けと一人で対応しています。またPaulaから依頼もあり、自由に自宅で花を制作をする仕事をしています。

 

上の写真は、虹をイメージして作りました。

英国では虹は「希望」の象徴。最前線で新型コロナウイルスと闘う医療関係者(NHS)を支持するシンボルとなっています。

ブーケの手法はVictorian Posy (中心の花の周りを同心円状に束ねたドーム型の小ぶりのブーケ)。

 

言い訳になりますが、この花材は家にあったものの寄せ集めです。まさによく「冷蔵庫の中のありあわせでご飯を作る」という言葉がありますが、そんな感じです。

 

この週、とにかく寒い日が続きました、お昼はチキンフォー。

ナメあしのフォーのお出汁は何かが足りない…。お気に入りのフォーのお店に行ける日までの辛抱です。

 

予報通りの雪が降りました、気温が低かったためあっという間に積もります。

 

 

ナメあしが目下楽しみにしているテレビ番組、BBCの「Pooch Perfect」。

素人さんが競ってのコンテスト番組、毎週お題が与えられ勝ち残っていき、最後に一番を決めるのですが、これは犬のトリマーさん!

毎週可愛い犬がでてきて、幸せ気分になります。

 

多分何度かお伝えしていると思いますが、雑貨好きのナメあし。もうそろそろお店が開いてほしい!!!

閉まっているお店のウィンドーにはりついて眺めます。

 

この手のものは、ネットでみてもピンときません。やっぱり見て、触れて買いたいですね。

いや、見るだけで十分です、早く普通に戻ってくれれば!!!

 

大きなブーケのオーダー、少し車を走らせてのお届け。

 

平日のお昼など観光客やビジネスマンでにぎわうエリアですが、人がいません。

 

アップルももちろんクローズ。

 

お届けが無事に終了。お気に入りのパン屋さんで、パンを購入。

 

通常営業しているものの、パンの売れ行きは…だそうです。

 

パン屋さんが面している通り、歩いている人がいません、静まった通りです。

わかりますでしょうか?クリスマスのデコレーションをしているお店が多いのです。12月の半ばから、少しずつ状況が悪化してのロックダウンですから仕方ないですね。

 

最後は美しい朝日を見に行った日のこと。寒いけれどやっぱり得した気分。

 

 

英国3度目のロックダウン Week 41 1/15~21

2021年になってから曇りの日が多かったので珍しい(多分今年初)日の出です。

 

英国は3度目のロックダウン中です。

英国政府は、1月18日午前4時以降に英国に到着する全ての乗客に対し、新型コロナウイルスの陰性証明書の提示を義務づけ、証明書の提示ができない場合は搭乗便(航空機、船舶、電車)に搭乗できない場合があるほか、500ポンド(約70000円)の罰金を科す可能性があると発表しました。

英国への渡航3日前以降に検査を受け、陰性証明書を入手する。証明書は英語で作成されたもの(日本語は不可)、趣旨はもちろんわかるのですが、実際自分がすることを想像すると意外に大変だなぁ…と。

 

 

ロックダウンが始まって、お店の営業はエッセンシャルショップ(生活に必要不可欠なお店)のみ。例えば美容院、ネイルショップ、マッサージなどはもちろんお休みです。ナメあしは時々鍼治療にお世話になっていたのですが、3月からお店は閉まったまま…もうすぐ一年になります。

週一と決めたグローサリーショッピングは、平日の朝一番に出向くのですが、土日にはスーパーの建物の周りに長い列ができます。

 

 

カフェが恋しい…。ということで、かなり高カロリーな危険な朝食、バター、ピーナッツバター&ハニー。

 

雨の日が多く、夕方前の一瞬の晴れたタイミングです。

 

「どんなもの食べているの?」と聞かれることが多いのですが、日本食は週に1・2回程度。今日はしっかり作った日なので写真にアップします。

後ろのピンク色の飲み物はジン&トニック(ローズ色)。意外に和食に合います。

 

いつも撮りたかった彼を激写。サイドカーもなかなか珍しいのですが、この側車を注視してください。

 

 

彼の相棒、ゴーグルを付けた犬の佇まい。

たまーに、見かけるこの二人。近所に住んでいるのか、この家の道を通るだけなのか、いつかしっかりご挨拶したい。

 

近所のカフェが閉店して新しいお店に変わりました。もちろんロックダウン中なのでテイクアウトのみなのですが、早く通常営業できることを願いつつ、応援します!!!

 

春の色と言えば、日本人は桜色のピンク(新聞で以前読みました)。英国人は、イエローだと思います。ミモザ、ラッパ水仙、プリムローズ。

元気な春のブーケを作りました。

 

 

外で撮影をしていると、「ラブリー」と声をかけられます。ロックダウン中でできる限り他人とお話しないことが良しとされる環境ですが、お花好きな方がいらっしゃることは本当に嬉しいものです。