almost unreal

BLOG

記事一覧

英国3度目のロックダウン緩和 Week 61 6/6~12

Hyde Park (ハイドパーク)の西方にあるケンジントンガーデンズ内に特設された、Van Gogh Alive (ヴァン・ゴッホ・アライブ)という展示会に行ってきました。

2号が行きたかった場所で、ロックダウン中にこの頃だったらロックダウンも終わっているかな、と思ってチケットをとっていたそうです。ラッキーなことに見事ロックダウンも緩和されて、出かけることができました。美術館も長い間い閉まっていたので久しぶりのこういうお出かけです。

 

会場のMarquee(大きなテント)内で、ゴッホの作品をテーマごとにプロジェクションマッピングによってクラッシック音楽と共に紹介されています。

もちろん本当の作品を鑑賞する美術館鑑賞とは異なるものですが、大きな壁、床まで一面に作品が映し出されると、見慣れた作品もまた違った表情があり、一瞬で引き込まれました。

 

コロナ禍のためか入場制限もあるので、とても贅沢なスペースです。子供は子供ながらに踊ったり、ごろごろしたり楽しんでいます。

また時々画と共にゴッホの言葉がでてくるのですが、それも合わせて見れてとても響きました。

 

画像は静止したり動きがあったり。

展示は30分くらいのショーになっているのですが、あまりに感銘を受け、2度続けて見てしまいました。是非におすすめです。

 

久しぶりの美術鑑賞の後は、Sofraへ。トルコ料理のこちらは支店がロンドンにいくつかあるのですがそのMayfair店へ。ここはスペースいっぱいにテーブルがあり、そのきつきつな感じもお店の雰囲気の一つだったのですが、コロナ禍からテーブルの配置も変わっていて、まだ早い時間だったため、お客様も少なめでした。

 

そしてFortnum & Mason へ。ロックダウン中は唯一開いているお店で、ナメあしの救いの場所でした。

新刊の『Time for Tea 』に合わせてのディスプレイ。お茶の歴史やマナーだったり、その時間に食べるお菓子や簡単な食事のレシピが載っている面白そうな本です、買いたいけれどどうしようか…。

 

お店の1階(日本でいう2階)では、ビスポークで紅茶を作ってくれます。ナメあし何度か利用していますが、茶葉やトッピングも選べてラベルのワードも自分たちで選べます。

 

こことリバティーはナメあしの2大お気に入りの場所です。

 

こちらは別日、花市場の駐車場。日の出の時間が早くなり、朝の6時もこんなにしっかり明るい。

 

何とも言えない可愛いシェープのAllium (アリウム)が並びます、ネギ属なのでどうしても香りがネギ臭なのですが、人気がある花です。

 

ホワイト&グリーンのブーケ。

バラ、カンパニューラ、シャクヤク、スィトピー、アストランティア、アスチルベ、アルケミラモリス、タラスピが入っています。

 

 

 

この日は、元同僚のAnneの新しいお家へ。

ロンドンから2時間弱の場所に引っ越したことで久しぶりの再会です。お昼は彼女の手料理をお庭でいただきます。

 

 

お茶の時間には、私のお誕生日にお祝いできなかったからとお手製のケーキが!!!キャー可愛い!!!!!!

前にも何度も登場しているAnneのケーキ。彼女はフローリストになる前は本職のケーキ職人でした。

 

レモンとラズベリーのケーキです。さっぱりしていてとても美味しかったです。

そしてプレゼントにお菓子の本とケーキ型とタルト型をプレゼントしてくれました。

 

昨年は6月初旬まで完全なロックダウンだったため、美術館に行く、外で食事をする、花市場に行く、お友達に会う、が全くできなかったので(禁止だったので)その寂しさを思うとありがたく、当たり前のことに感謝です。

英国3度目のロックダウン緩和 Week 60 5/30~6/5

(かなり更新が滞っております、申しわけございません。長い目でお付き合いいただければ幸いです。)

 

この週はナメあしのバースデーウィークだったのですが、こんな可愛いブラウニーをいただきました!

 

昨年は完璧なロックダウンだったのでお出かけは不可能でしたが、今年はしっかり安全対策をとって出かけました。

「英国はご飯は期待できない…」と未だに思われている方多いかもしれませんが、インド料理のレベルは素晴らしい。その中でもインド料理店として世界で初めてミシュランの星を獲得したことで有名なのが、『Tamarind(タマリンド)』。インド料理はナンとカレーという概念を覆すそんなお店です。

 

 

お料理の前に、どこに行っても、まずはお花が気になります。ここまでロンドンでの花生活が長くなると、この花器、活け方をみると、「この会社かな?」となんとなくわかります。

 

 

お料理のお写真は是非にリンクのHPよりご覧ください。

お料理、素晴らしかった!是非にロンドンにいらっしゃる方にお勧めです。

 

 

こちらは花市場、スィトピーが並んでいます。

 

 

この日はオーダーをいくつか作ってそのままお届けです。

上の写真はロンドンの南東部、グリニッジ天文台の近くのエリア、Blackheath (ブラックヒース)。コロナ前は活け込みの関係上、週に一度はこのエリアを通過していたのですが、まだお休みのため久しぶり。どこを見ても美しい景色が広がっています。

 

最初の写真のように無限に野原が広がっているのですが、その隅っこに小さな湖があります。カモが可愛かったのでバンを停めました。

 

 

朝11時頃なのにこの時期には珍しい暑さで、太陽がじりじり。花の写真を撮るには少し明るすぎましたね。

季節の花Lupinus(ルピナス)をメインに、コテージのガーデンにあるようなブーケに仕上げました。

 

こちらは別日。クライアントの希望は、イエロー&ホワイトのブーケ。

この色の組み合わせは、単調な仕上がりになりやすく、意外に難しいコンビネーションです。この日のメインは「Skyline」と呼ばれる黄色のバラ。所謂黄色でもレモン色でもない、落ち着いた黄色です。そこにクリーム色のLisianthus (トルコキキョウ)と香りのあるSweetpea(スィトピー)を入れました。白はPeony(シャクヤク)とDill(ディル)。エッジには季節の花Solmon’s seal(ソロモンシール)を添えました。

 

 

 

この写真で見ると、黄色が強く見えますが、明日にはシャクヤクが大きく花開き、ちょうど程よいカラーバランスになります。

 

 

週末前の金曜日の活け込みの後、同僚にバンを渡してハロッズの裏より自宅までレンタル自転車で帰宅しました。

ハロッズの裏から、まずはHyde Park(ハイドパーク)に入ります。馬道を横を並走です。

 

この日も暑い日だったのですが、公園の中は緑が多く少しひんやりと感じます。

 

この季節はこのような原っぱにCow Parsley(カウパセリ)と呼ばれる野草が美しく咲いています。雑草ですがこの可愛い様とここ数年の野草ブームで花市場でしっかり販売されています。

 

 

この日は、Paulaの郊外の家まで、お届け物。

 

そのまま一緒にPaulaが手掛けたパブ『The Weeping Willow 』でドリンクです。

夏の英国の定番ドリンクの「Pims」、暑い日だったので美味しかったです。

 

週末も暑かったのですが、近所をお散歩。

 

いつものお散歩道でない場所に。近所でもまだまだ知らない場所があります。

 

 

 

とにかく暑い日で、ナメあしと2号には珍しくパブに吸い込まれました。

 

 

お気に入りの「Blue Moon」の生がありました。

瓶はよく見かけるのですが、英国での生は珍しい!(2号が熱く教えてくれました)

 

エクソサイズの後にこんなビール飲んだら全く意味ないですね…。

 

 

2021年8月 壁紙画像

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

8月の壁紙は夏の花、ひまわりのミニと芍薬を主役に夏らしい元気なブーケを作りました。

普段はあまり使わないソリダコを入れてみたのですが、良い仕上がりになりました。実ものはティナスで、この色が入ることでブーケがしっくりとまとまりました。

暑い毎日が続きますが、元気で行きましょう!

オルモストアンリアル

英国3度目のロックダウン緩和 Week 59 5/22~29

22日、英国政府は成人の70%強が一回目のワクチン接種を終え、40%強が2回目を終えたと発表しました。

ロックダウンが緩和されても、デルタ変異種が広がっていて毎日の感染者もまだまだかなりの人数なのですが、医療を逼迫するほどの状況にはならず、やはり接種が有効だということが目に見えてわかります。

 

 

街中に、観光バスが走り始めました、本当に久しぶり!

もちろんまだガラガラではありますが、走り出したことは嬉しいですね。

 

こちらはNHSが無料で配布しているコロナウィルス簡易抗原検査キットです、箱の中に7回分入っています。英国では三度目のロックダウンから少しずつ緩和されていますが、今もなお可能な限り、週に2度のこの簡易チェックを自分自身ですることを推奨しています。

(ナメあしは、シャネルに活け込みに行く際にその都度、この検査をするので週に2回程度していますが、本当にあっという間で3分程度で検査できます)

 

この日は近所のHampstead Heath(ハムステッドヒース)までお散歩。

 

 

この手前のライラック色の花はブルーベル。(シラー・スパニッシュブルーベル)、何とも言えず可愛いですね。

 

あれ、雨雲ががでてきたなぁ、と思ったらあっという間に降り出しました…。

 

いつもならすぐに止む雨がこの日はなかなか止まりません。

 

 

となりの木の下にも雨宿り。

 

少し雨脚が弱まると、先に進んで、を繰り返しました。でも雨のおかげで緑の色が輝き美しい。

 

森を抜けた頃には雨もやみました。

 

ここのお家はお散歩道でよくとおるのですが、いつ通っても美しい花が咲いています。自然な感じにやりすぎず(でもナメあしは想像します、やりすぎなく見せながらもしっかりお世話していること)本当にいつも素敵。

 

 

この日はオープンしたばかりのAnya cafeへ。デザイナーAnya Hindmarch の世界観がいっぱいのカフェです。仕事の日はいつもカフェ前を通るので、ようやく念願の、です。ただ夕方だったため、残念ながらほとんどのケーキは売り切れでした。

 

 

 

スーパーで気軽に売っているお馴染みのお菓子にAnyaエッセンスが加わるとこんな感じです。

 

仕事終わりの夕方前にSissinghurst Castle Garden(シシングハーストガーデン)に行きました。

沢山好きなガーデンはありますが、ここは本当にお気に入りです、どうかすれば毎週通いたい!

 

昨年は厳しいロックダウン明け、何とかブッキングできて一度訪れました。その際には、数か月ガーデナーも働けなかったことで、長い間の手つかず、よく言えば自然な(かなり荒れた)ガーデンだったのですが、今年はまた元のガーデンに戻っていました。

 

ただ今年は冬から英国の天候が安定していず、ガーデンにも大きく影響しているそうです。おかげで?季節外れのチューリップが見られました。

 

静かな空間に、鳥のさえずりと蜂の羽音だけが響きます、贅沢な時間でした。

少しブログ更新怠っていてがんばります!

 

2021年7月 壁紙画像

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

昨年の最初の長いロックダウンで花市場は6ヶ月間も閉まっていたのですが、こちらは花市場が再開して一番最初に作ったブーケです。

それまでは当たり前だった、自分の目で見て花を選んで買うことの出来る喜びをかみしめて、フラワーパワーいっぱいの元気なブーケに仕上げたことが思い出されます。

芍薬をメインに、ネオン調の彩度を意識して、コーラル色のスプレーローズ(Coral Gem)やアルケミラモリスを入れています。

7月は涼を求めてブルー系やひまわりメインのイエロー系が多く見受けられますが、こんなブーケはいかがでしょうか?

 

オルモストアンリアル

英国3度目のロックダウン緩和 Week 58 5/15~21

英国、17日より更なるロックダウン緩和となりました!

新ルール(英国の中でもウェールズ、スコットランドはまた別ルールがあり、以下はイングランド用)

  • 最大6人か2世帯まで、屋内で集まることが可能。屋外では最大30人まで。外泊も解禁。
  • パブやレストランは屋内営業が再開
  • 美術館、映画館、劇場、コンサートホール、子供の屋内遊技場、スポーツ施設、ホテルなどが営業を再開
  • 他者と距離を取る施策も改定
  • 海外旅行が許可される。各国・地域は赤、アンバー、緑に分類される。だが、赤とアンバーの地域への旅は推奨されていない。イングランドへ入国の際は、規定に従う。(ちなみに日本はアンバーです)

生活の近いところでいうと、まずやはり大きいのはレストランやカフェの室内オープン。テイクアウトはできるものの昨年の12月からですからかなり長かった、緩和の初日にコーヒーを買ったら、「in or take away?(店内?持ち帰り?)」と聞かれただけで嬉しく泣きそうになりました。

ただし、ボリス首相は前回のロックダウン(ロックダウン解除後、またすぐに感染者が増えて、数週間でまたロックダウンをせざる得なかったこと)の失敗を例に出して、それでもなお感染抑制のために慎重に行動し、週2度の検査を受けてほしいと呼びかけています。

 

この藤の写真の2枚、同じ場所です。
ナメあしの中でこの花はここのが一番好き、という自分の中でのお気に入りの場所があるのですが、藤の花はこちらです。名所などではなくて、近所だったり車で通過した際にきれいだな、と思うところがほとんどですが、昨年は最初の厳しいロックダウン中で見れなかったので見れるだけでもあがります。
 4月頭に日本の実家からEMS(国際スピードサービス)で送ってくれた荷物が、ようやく届きました、ほぼ1か月強。このコロナ禍で荷物は通常より時間がかかるのですが、同じ日にもう一箱送ってもらったものは既に届いていたのと、トラッキングを見ると近所に荷物はあるとなっているのに、届かず、あきらめかけたところに届きました。
。。
 薬以外は兄の裁量です。2号はお酒のお供のようなものが好き(ただなぜかコーヒーと共に食べたりしています…)。私は甘いもの好きなので甘辛と広範囲に送ってくれています。
ベッドルームの窓の景色も初夏らしい。木々が近くに沢山ある分今年は例年以上に花粉症に悩まされています。
 花市場はPeony(シャクヤク)シーズンに突入。
去年は完全なロックダウンで市場が閉まっていたのでシャクヤクをスーパーで購入していました、去年のこの時期、英国は本当に大変でした…。
こちらは英国産の切り花や鉢物を置いているお店です。こういうちょっとずつって売り方も良いですね、自分ならどれを買うだろうか?と眺めました。
 季節の花、Sweet pea(スィトピー)!!!
香りがよいので、この時期のオーダーにはできる限りいれるように心がけています。はぁ~可愛い。
 
 お届けの前に記念に。
こちらの写真中央の今にも開きかけているシャクヤクは一重。
最近ナメあし、どのお花も一重に注目しています。シャクヤクは幾重にも重なる八重の美しさは言うまでもありませんが、こちらのシャクヤクははかなげで、繊細です。
 仕事後に、短い茎のものや折れてしまったもの、またお客様にお送りしたお花のコンディションがどうだったかを確認するためにもこうしてお花の様子をみているのですが、ただ寄せ集めなのですがとても可愛いかったです。
この日は、かたずけの一日。スタジオの倉庫の引っ越しがあり、Paulaの郊外のスタジオへ。ただただひたすら花器を移動させました。
天井まである棚が15個あるので、その中にきつきつに花器を置いています。地震がほぼない国だからできる技でしょうが、数えてみようと思ったけれど、800位からあきらめました…。
 ポーラがいれてくれた紅茶とお菓子。「近所のスーパーで買ったからスペシャルでないけれど」と。ナメあし入社当初からお菓子好きで知られていて、お菓子さえ渡せば相当働くと思われています(実際そうなのかもですが((笑)))。このお菓子の量はまだがんばれ、というサインです。
 タイ料理のZoomレッスンは進行中です。こちらは「スーキーヘーン」、タイスキの汁なしバージョン。タイでは屋台などでも売られているそうです。Zoomで見ているだけなのですが、間違えなくおいしそう~ということですぐに作ってみました。先生のレシピには、エビやイカ、セロリに万能ねぎなど入るのですが今日は家にあるもので、ちょっと寂しい感じではありますが、甘辛そしてやや酸味があり、とても好みでした、今度はきちんとレシピ材料で作ってみます。
 昨年もご紹介したBBCのテレビ番組、「The Great British Sewing Bee」シリーズ7が始まりました。アマチュアのソーイング好きが、課題にそって競い合うコンテスト番組です。腕前はもちろんですが発想が面白い。そしてジャッジする先生方も素敵なのです。見るだけでワクワク、ソーイングは全くできませんが、私も何か作ろうかなと妄想を膨らませたりしちゃいます。
 こちらは花器付きでのお届け。
 シャネルの受け付けは壁にモチーフが!可愛いのです。

英国3度目のロックダウン緩和 Week 57 5/8~14

本格的なロックダウン緩和を翌週に控えて、少し街が動いているなと感じる一週間です。

 

活け込み先のチューリップは今週で終わり、次の春までお休みです。

チューリップは想像以上に水を飲み、茎がびっくりなほど伸びるため、いつも以上のケアが必要でした…。

 

ガーデンに咲くチューリップもそろそろ終わり。

早朝にこの横を車で通過するのですが、この色合いはとても好みで毎日日の光で変化する様子を見るのが楽しみでした。

 

この日は仕事帰りに車を停めて、お散歩しました。

 

仕事帰りに会社のバンを持ち帰らない日、久しぶりにTube(地下鉄)に乗りました。この駅はターミナル駅で本来ならば、朝から晩まで人であふれかえるのですが、まだまだ静かなものですが、だからこそのこんな場に立ち合えます。警察犬の訓練!

 

地下鉄の改札口で大きなカバンを持っていると警察官にお願いをされて警察犬がクンクンとチェックします、あぁ~可愛い。ナメあし大きな花を持っていたのでクンクンチェック、警察犬予備軍ながらも仕事をしっかりこなしていました。

 

 

家の窓の景色も初夏らしくなってきました。数週間前まで家の前の木は何も葉がついていず、リスがあちこちと動くのも目でおえていたのですが、こんなに生い茂るともう不可能です。

 

アスパラガスの季節になりました!

手前がよくあるグリーン。そして奥は、Purple Asparagus (紫色)!

 

 

茹でると色が抜けてしまうのは残念ですが(手前が紫、奥がグリーン)味はしっかり異なります。紫の方が味に深みがあり、甘みもあります。

 

 

カフェも開いていない…三食作りも一年強続くと、ランチもそれなりに様になっています。でもやっぱり近所のカフェにも行きたいなぁ・・・。

 

 

ちなみにナメあし、甘いものは作りません、買ってくる派です!この日は無性にチーズケーキが食べたくなり、近所のカフェで購入(テイクアウトのみの営業中です)

 

日の光ではわかりにくいのですが夕方です。

 

 

クレマチスが満開!

 

 

パブも室内営業は不可なので、外席のみの営業。

 

 

カフェがケーキをお持ち帰りできるように、パブはビールのテイクアウトできます。

 

今週はこんなブーケを作りました。

 

これは週末、ドライブに出かけたのですが、天気も悪くなりその上、道も正規ルートからそれました。(英国の郊外は電波が届かないところが未だに多いのです)。でもそのおかげでこういう美しい田舎道の横を通ります。

 

そして道は更に細くなり、激しい雨の中ただ道を進んでみると、この道の両側は、Wild Garlic (行者にんにく)だと気が付きます!!!

もちろん大雨の中、レインコートを着て、収穫です。何とも言えないガーリック臭が漂うほどでした。

 

 

 

こちらは、ブルーベルとワイルドガーリック。ブルーベルはもう散り際だったのですが、ワイルドガーリックの白い花と相まって何とも言えない空間でした。ブルーベルとワイルドガーリック一緒に群生している場所に何度か遭遇しています、同じ環境を好むのか…何か関わりがあるのでしょうか。知人のガーデン博士に今度聞いてみたいと思います。

2021年6月 壁紙画像

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

この季節のパーティの生け込みから、残った花でアレンジした画像をご紹介します。

芍薬とバラをメインに、アクセントでアルケミラモリスとフレッシュラベンダーを合わせました。

壁紙のフレーミングは、思いきり寄って、椅子背のタペストリーの古さとヴィヴィッドな花弁の色合いのコントラストを楽しまれると良いかな、と思っています。

梅雨、元気に乗り切られますように!

 

オルモストアンリアル

英国3度目のロックダウン緩和 Week 56 5/1~7

日本のゴールデンウィークと比べると…ですが、英国では5月第一週目の月曜日は祝日で三連休になります。

今年はちょうどPaulaより大きな仕事があり、三連休なしの仕事日となりました。もしコロナ禍でなければ、日本に戻って母の日のオーダーの準備に楽しい忙しい毎日だったと、何よりお客様にご迷惑をおかけしていると思うと気持ちも落ちますが、このことばかりは仕方ないですね。

 

少し前のブログに紹介したサンプルを作ったものの、本番です。

コロナ禍ということもあり、スタジオで一人で仕入れから制作、黙々とブーケを作ります。

 

この日は相棒「ぼんさい」もいました。ナメあしがバンから降りスタジオに向かっていると一緒にどこからともなく歩いてきて、ちょっと可愛いのです、そしてご飯をあげると(ほんの少しのドライフードをあげています)さっとどこかに行ってしまいます(笑)

 

Peony(シャクヤク)は、コーラル色。ピンク・オレンジの中間の色なのですが、花が満開に咲き始めると色が少しずつ抜けて淡い色になります。大輪のバラは「Misty Bubbles」と呼ばれるスプレータイプ(1本の茎に複数の花が咲いている形状のこと)。写真だとピンクに見えますが、バイオレットがかったピンクで、最近市場にあると仕入れるお気に入りです。

 

こうやって水を飲みに、花をチェックしに?時々遊びにきてくれます。

 

 

無事に制作、一晩ゆっくり保水して、翌朝から数人に分かれてそのまま配送しました。

今回のブーケの中で一番気にかかったのはシャクヤクです。シャクヤクは、つぼみから満開までがあっという間で、なかなか扱いが難しい花の一つです。お客様に届き花器に入れるときに美しく開くもの、数日後に開花するもの、など少しでも長く楽しめるように、コンディショニングから気を配りました。当日の朝ぷっくり膨らんだシャクヤクをみてほっとしました、まさにもう少しで満開になる前、ばっちりでした!

 

 

三連休がなかった分、別日に2号とドライブに、この時期の新緑の美しさにやられちゃいます。

 

コッツウォルズを抜けたので、やはりDaylesfordに行ってきました。写真手前のピンクの花はリンゴの花です。

デイルズフォードは、農場直送の青果や精肉、加工食品、自社ブランドのオーガニック生活雑貨などを販売。併設されたカフェやレストランでは主にオーガニック食材を使った料理を提供しています。納屋や農家を改築した宿泊施設とスパ、お料理教室などワークショップも開催されます。(現在は、宿泊施設やスパ、お料理教室等は全てお休み中です)

 

 

どこを見ても楽しい、美味しそうなものや可愛いものがあって、ある意味危険な場所でもあります。

レストランの室内営業はまだなので、屋外のみだったのですが、人気で予約で埋まっていたので、デリを買って車内で食べました。

この日は大好きなガーデングッズを扱うエリアがお休みだったのですが、ところどころに英国産のお花が!

もちろんお菓子も買いました~。

この季節のお目当てはこれ「Wild Garlic (行者にんにく)」。

家に戻ってきれいにお手入れすると、葉の束の中に美しい花を発見。アリウム(ネギ)と同じ匂いでちょっとくさいのですが、繊細で可愛いのです。

葉は、パインの実とパルミジャーノ・レッジャーノチーズとオリーブオイルで合わせてペーストを作りました。

無限に食べれます。もっと買ってくればよかった…。

市場にガーデンローズが並び始めました。スィトピーと合わせます、香りがお伝えできないのが残念です。

 

英国3度目のロックダウン緩和 Week 55 4/24~30

オーダーのブーケ、花器付きです。

通常の活け込みの後、郊外へのデリバリーだったので、自宅で作成しそのままお届け先に向かいます。この1年強、ロックダウンが度重なり、スタジオではなく自宅で制作ということが多々あります。ちなみにナメあしの自宅は花の作業部屋というものはないので、キッチンが急きょそのスペースとなります(笑)

 

 

色々なことは書けませんが、米国女優さんへのお届け、旦那様は有名なミュージシャンです。

 

 

このブーケに入れるためにこの「Cloony (クルーニー)」と呼ばれるスペシャルなラナンキュラスを仕入れたのですが、その中にツインを発見!(通常ラナンキュラスは一本の茎に対して花は一つ。)

しかも嬉しかったのは、元同僚で友人のAnnaも同じものを同じ日に発見してインスタにあげていました、同じ想いで写真に残していて嬉しいものです。アナとはもう2年以上会っていません。ちょうど昨年コロナが英国に広がり始めた3月に会う約束をしていたのですが、なくなくキャンセルをしました。

 

 

以前にお話しした、タイ・バンコクからZoomで習っているタイ料理ですが、継続中で、レシピも増えています。

今日はレッドカリー。レッドカリーは好きで市販のペーストを使ってよく作っていたのですが、ペーストからは初挑戦。先生は「あひる」を使われていたのですが、ナメあしは冷凍庫にあった「鴨」で作りました。ただ相変わらずのZoomのため、このお味が正解なのかわかりません!

 

 

この日は和食。日本食は凝ったものは作りません、いつものもの。人参のきんぴら、お豆腐の和え物、春キャベツの即席お漬物にサバを焼いたもの。白いご飯はイタリア産の日本米、「ゆめにしき」。色々試しましたが、日本で作られるお米に限りなく近いと思います。

 

 

朝の活け込みバッキンガム宮殿を通過して活け込み先に向かうのですが、時間通りにスムーズにすすんでいる時に、この騎馬隊とこのあたりですれ違います、まさに忙しい朝の時間の目安です。

 

シャネルの活け込みは、可愛いフリンジのチューリップ、オランダから仕入れています。オランダ産は英国産に比べると持ちがよい、もちろんその分お値段も違います。

 

そしてまたブルーベルの森にでかけてきました、ちょうど一週間ぶりになります。

先週に比べてみると明らかにベルがさらに開いて、森の中のブルーのカーペットが色鮮やかに広がっています。

 

 

 

 

野に咲くイングリッシュブルーベルは、絶滅の危機に瀕しています。
Scilla(シラー)と呼ばれるスパニッシュ・ブルーベル、またはハイブリッドのブルーベルが入ってきたのが混在し始めまたことが原因のようです。これらのブルーベルは生存力、繁殖力が強いのが特徴です。調べてみましたが、どうやって野に咲くイングリッシュブルーベルの中にシラーが紛れ込んだか定かではありませんが、ハイブリッドが発見されたのは1963年頃とのこと。実際に森の中でもこれはシラーだな、と思うものも多々あります。

 

 

そしてここで強くお伝えしなければならいのは、まるで悪者のように書いていますシラー(上の写真です)も人気のこの季節の花です。ご近所のお庭でももよく見ますし、市場でも切り花としてこの時期に並びます。

 

 

 

帰り道に更に車を走らせ、Seaford Head (セブンシスターズの白い壁)へ出かけました。詳しいお話はこちらから。ここは2号が出かけてみたいとずっと言っていましたがなかなかチャンスがありませんでした。

 

 

 

 

実は先週のブルーベルの森の帰りにも立ち寄ったのですが、あと少しというあたりまでお天気は良かったのですが、ここに到着すると多分霧だと思うのですが、海の方から雲のように霧の塊のようなものが流れてきてあたりを包みました。

 

次の写真はその先週の写真、同じ場所です。

 

幻想的だったのですが、何も見れずに帰宅しました(笑)

 

 

 

 

この日はお天気もよく気持ちがよかった。

そして上の写真、よーーーーく見てください、お気づきになりますでしょうか?

 

可愛いうさぎです。この日は、ラッキーにも何度か出会いました。

 

 

 

 

 

 

春らしいブーケを作ることが多い一週間でした。

 

 

これは金曜日の仕事終わり。

渋滞!!!!久しぶり、多分昨年のロックダウン前だから1年数か月ぶりの渋滞です。普段はため息もでますが、何だかにぎわうことに喜びを感じてしまいます。

 

 

最後はやっぱりリバティー。可愛い春らしい色合い、買っちゃおうかな~(何も作れないけれど…)

「ナメあし、よくリバティーに行くなぁ」と思われると思いますが(実際いつでも毎日でも行きたいです)、お手洗い事情があります。ナメあし一日街中の仕事は、お手洗いに行くとき、活け込み先のホテルだったり、コーヒーを買うついでにのカフェだったり、とある程度自分で場所を決めているのですが、今はそのどちらもこのコロナ禍、使用できない状況です、というか今は多くのナメあしのような仕事の人は苦労していると思います。日本はコンビニがあるので便利ですね、ということで、デパートが4/12より開いたことは大変ありがたい!緩和されたとはいえ、まだまだ色々大変ですが、リバティーに行けるということで楽しんでいます。