almost unreal

BLOG

記事一覧

初ゑびす

日本滞在中の話。年明けにナメあし、2号と2号母の3人で日帰り京都に出かけてきました。
ここ数年コースは一緒。和久傳でお昼をいただき、錦市場のかね松さんにご挨拶、その後市場をゆっくり眺めます(ここでチュートリアルの2人に遭遇!)、そのままお寺めぐりをし、おやつに鍵善良房へ。いず重で鯖寿司を買って、そして昨年よりコースに加わった ゑびす神社へ向かいます。

初ゑびす 1月8日~12日  商売繁昌・家運隆昌・吉兆を願う一年の最初のお祭り。福笹と呼ばれる笹に、縁起物の大宝・俵・福箕・熊手・福鯛・宝船・宝来などの中から選び、飾ります。

昨年の笹をお返しし、新しい福笹をいただきます。
多くは望みません、と言いながら巫女さんを前に縁起物を選ぶとなるとつい真剣になります。
この後、松葉でにしんそばを。あっという間に帰りの新幹線の時間、タクシーで駅に向かいます。
タクシーの運転手さん、とっても気さくな方であちこちの観光名所の話で盛り上がります。ちょうど ゑびす神社の横を通ると、運転手さんったら、「ここは貧乏えびすって呼ばれています」ですって、もう3人で大笑い。「そこで今お金だしてきたんですけど、どうなっちゃいますか・・・?」と。どうやら運転手さん、ナメあしの笹が見えてなかったようで大慌て。「すみません、でも大丈夫です!福を落とさないようにまっすぐ帰れば」
と。「え、もうにしんそば食べてお金落としてきちゃいました、どうしましょう????」、運転手さん苦笑い。
2010年どんな1年になるのでしょうね。

完売御礼

2010カレンダー

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


2010年カレンダー、ご好評のうちに完売いたしました。皆様、どうもありがとうございました!

がんばれ


 どんどん降る雪の中をお散歩している人、結構います。こんな日に散歩する人、気心がしれているようで、すれ違うたびに、何だかにっこりしてしまいます。

よーく、見ると、がんばっている健気な姿を発見します。

特別な日しか見ることのできない、美しい姿です。でも、とっても寒い。

雪の中、犬もお散歩。足寒くないのかな・・・冬の散歩を全く行きたがらない、実家のあずきを思い出します。ナメあしもここで限界、スタバで暖かいコーヒーを飲みます。

もっと寒い冬


予報的中、朝起きたら雪が降っていました。
鳥用の水飲み場の水も凍っています。

窓からの1枚、粉雪がさらさらと降っています。リスが慌しく走り回っています、えさの確保を忘れていたのでしょうか?心配になります。
ロンドンも東京と同じ、交通網が乱れています。2号は車をあきらめ、歩きで事務所に向かいます。そしてナメあしは、気になる場所にでかけます。

今年のカレンダーの裏表紙の赤いバラの場所。家の近所の教会の裏の壁なのですが、やっぱりきれいでした。サクサク、と誰も踏んでいない雪の音を確かめながら、楽しみながらの散歩です。

寒い冬


ロンドンに戻りました。
日本滞在中にも英国の雪、冬の寒さがニュースになっていましたが、本当に寒い。家の周りにはまだ雪がたくさん残っています。そして明日はまた全国的に雪の予報がでています。
今朝はハプニングあり。2号のスーツケースが開きません。金具の1つが壊れてしまったようです。夕方、RIMOWAの正規修理店に出かけます。

写真で見るとこのソファー、何だか普通のお家のようですが、お店です。やはり金具が壊れていて、まずはマイナスドライバーでこじあけて、新しい金具を取り付けます、1、2分、あっという間で完了です。

その横で新発売、新色を発見、機内持ち込み用のスーツケース、四輪です。ナメあしは昨年同じタイプの2輪を購入、それと同じ大きさなのに1キロ軽いそうです。いいなぁ・・・。店主がそれを見て、よし、グッドオファーだ、と、スーツケースを買うならば、修理代は無料でいいよ、と言ってくれます。でも、やはり決められず、今日は引き上げます。またこうして欲しいものリストが増えてきます。
ナメあしがロンドン滞在中のお花オーダーは、心強い優秀なスタッフが対応いたします。
花の仕入れはネットで注文でき、本当に便利な世の中です。

おせち料理


子供のときから30日からはおせちを作ることが恒例行事。昨年、一昨年は父のことがあっておせち作りは休業、改めて、おせちを作れることのありがたさを痛感しました。
待ちに待った今年は母に教わりながら友人と一緒に作ります。わいわいがやがや、楽しいものです。
苦戦した「にしきたまご」は、馬の毛の裏ごし器の周りを友人と囲んで、励ましあいながらクリアです。
おせちは、日本ならでは、特別なもの。英国人の同僚にもいつもどんなものか、聞かれますが、なかなか説明がしにくく、でもなぜだか写真をきちんと撮っていない・・・今年はしっかり撮ってみました。
これがナメあしのおせち。おせち料理にあてはまらないものもありますが、ナメあし家の独自のおせちです。お重の詰め方は、今年はナメあし流、彩り重視で仕上げてみました。
幸せな一年がおくれますように。

お正月

 
明けましておめでとうございます。
来るべき幸せを祈って、お正月を迎えます。

お正月のあいらいに欠かせない 松、菊、赤い実。
この三花材を合わせるだけでお正月、らしくなります。

太陽のような菊。お正月の注文の和タイプのアレンジにもこの菊を使用しました。最初の予定ではぐっと控えめなダークレッドを考えていたのですが、花市場で当日この菊をみて、こちらに変更。新年にふさわしい、凛とした表情の美しい日本の花です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日


 今年も残すところあと少し。友人と一緒におせちを作り、大晦日はのんびりと、2号と表参道にでかけてきました。11年ぶりのイルミネーション、加えて寒い夜、空気が冷たくて余計に美しい。人も少なくちょっと得した気分でした。

空を見ると満月です。穏やかなお正月を迎えます。
2009年、ナメクジのあしあと にお付き合いいただきありがとうございます。
2010年もゆっくり前進します、どうぞよろしくお願いいたします。

お正月の準備

 
クリスマスが終わると一気に街中お正月になります、今年もあと数日、花市場も活気にあふれています。

まゆ玉  商売繁盛、家内安全を願うお正月の縁起物。本来、米の粉で作った繭玉団子を柳や水木の枝にさして飾りつけたものを神棚、大黒柱、天井に飾るそう。

赤い実は 子孫繁栄 五穀豊穣 商売繁盛の象徴とされ、特にこの南天は「難を転じて福をなす」と演技をかつぎ、吉をもたらす植物としてお正月飾りに取り入れられています。
明日よりお正月のお花の発送が始まります。詳しくはこちらまで。

almost unreal…

色々な思いがあり、色々な人に助けてもらい、almost unrealが生まれました。そして今日からこのオフィシャル・サイトが始まります!

サイトを見ると、「LIFE BLOSSOMS」というメッセージが見つかると思います。
BLOSSOMの「花開く」という意味を、花と生活(人生)の両方にかけて「花開いて、生活が豊かに」という気持ちを込めた、私たちのコンセプトです。そんな花を皆様にお届けすることが私たちのテーマです。
この場を借りて、素敵なサイトとカレンダーを作ってくださった  form の細川様、宮島様にお礼申し上げます。そしていつも私たちのことを支えてくださる皆様にたくさんの感謝をこめて。
どうぞ今後ともながく、お付き合いください。

追伸: 写真はロンドンの自宅のクリスマスの朝の窓より。今年の冬はロンドンも東京もとても寒い。この空気の凛とした感じは、今、オルモストアンリアルを始める決意の気持ちに似ています。
鶴岡尚子